看護師

高齢になると不妊を発症しやすい|治療の技術は進化している

高度な補助医療

考えるウーマン

体外受精の登場で今までどうしても子供ができなかった人が、妊娠するケースが大阪でも多くなってきています。ですがこの体外受精には保険はききません。経済的な負担がのしかかってきます。不妊治療を医療としてとらえ早急に保険適用してほしいとの気運が高まっています。

View Detail

妊娠出産で頼れる医療機関

女医

妊娠や出産を望んでいる大阪の方は、大阪市の産婦人科に相談してみてはいかがでしょうか。大阪府には産婦人科が多く、子どもができにくい方の不妊治療や、快適に出産をすることができるクリニックがあり、口コミでも人気です。

View Detail

妊娠を本気で考えるのなら

女性

年齢の限界を知る

医学では35歳以上の出産を高齢出産と位置付けています。35歳以上となると、妊娠や出産に母体や胎児への影響が出てくるため、それ以下の年齢と比べても負担に感じることが増えてきます。しかし、女性の活躍で晩婚化が進み、高齢出産は珍しくもない現象となりました。このような状況から、出産は40代でもできると考えている人は多いです。確かに昔と比べて40代の出産は増え、不妊治療の技術も高まりました。しかし、そういった人たちは一部に限ったことで、高齢になるほど不妊の確率は上がります。特に40代は妊娠の可能性は難しくなり、先天性異常の確率も一気に高くなります。不妊には年齢的な理由で限界が出てくることも多く、決して簡単に考えてはいけません。女性は35歳で妊娠の確率が下がると言われていますが、実際には37歳で急激に確率が下がります。男性にも高齢により妊娠しにくい原因が増えてくるので、不妊は夫婦そろって真剣に考えなくてはいけないことです。

卵子と精子も年を取る

不妊の原因にはいろいろとありますが、その大半が高齢によるものです。不妊治療専門病院に通っている人たちには、こういった理由がほとんどを占めます。そのぐらい、高齢は妊娠が難しくなってしまう原因があり、治療による成功率もこれにかかってくることになります。高齢で不妊になってしまう原因は、卵子と精子の老化です。特に卵子の老化はその状態の質を下げてしまうため、受精しにくくなってしまいます。また、年齢により1度に出される排卵の量も減ります。これにより健康的な卵子が少なくなる可能性が出てくるので、妊娠が難しくなってしまうわけです。不妊治療では、高度な治療に人工授精や体外受精があります。この成功率は年齢が若い人ほど高くなり、高齢の人ほど低くなります。こういうことから、不妊治療を行う病院では、若いうちに治療を受けることを勧めています。35歳以上となると、年齢が1年違うだけで成功率は大きく変わってしまいます。妊娠を望んだときは、できるだけ早めに妊娠に向けた努力をしなければなりません。

婦人科系の病気に効く

錠剤

ピルの成分は女性ホルモンや女性ホルモンと同等の作用を持つ成分なので、月経前症候群や更年期障害など婦人科系の病気の症状を改善するのに効果があります。月経や更年期の悩みを持つ人には、大阪の婦人科でピルの処方について相談することをおすすめします。

View Detail